空隙歯列(すきっ歯)の症例

CASE.1

主訴 歯の隙間が気になる
治療方法 開咬を伴った空隙歯列(すきっ歯)の治療例です。 治療期間は1年間でした。
費用 検査料:3万円、装置料:60-80万円、調整料:5千円x12回、保定装置:3〜4万円
リスク ・装置着用中は歯周病のリスクが高まります。
・治療初期は、装置に慣れるまで発音障害が発生することがあります。

初診

治療後